労働契約法が施行されました。   

a0024350_659303.jpg


平成20年3月1日から労働契約法がスタートします。
個別労働紛争の増加に対応して、労働基準法とは別に、民事上のルールを定めた労働契約法が施行されます。

労働契約法は、労使紛争の判例を集約するかたちでまとめられ、労使が対等な立場で自主的に労働条件を決定することを促進し、個別労使紛争の予防に資することを目的としています。

労働契約法は全部で19条の比較的短い法律ですが、今後内容が充実すると予想され、労働法規の根幹を成す法律に育っていきそうです。

この法律は紛争の原因になりやすい労働契約に関する、ルールが中心で、労働契約の成立、変更、継続、終了などについての原則を明記しています。

労働契約の変更では、特に就業規則の変更と労働契約の変更についてのかかわりがが規定されています。

今後、日本の職場でも雇用契約が契約であることの認識が高まってきそうです。

by nukina1950 | 2008-03-03 17:43 | 法律

<< 雨の室生寺は花盛り 年金分割制度の新しい制度が始ま... >>