15年ぶりのスキー   

a0024350_9265960.jpg



久しぶりのスキーでした。

以前は久しぶりのスキーも、体に焼き付いた感覚がもどる
体が覚えているという、信頼感がありました。

今回の久しぶりのスキーは、その自信が持てないほど
間隔が空いてしまいました。

最初、スキー靴をはいて、滑ることに
自分の足がまだ耐えうるのか不安でした。
スキー靴の中に自分の足を突っ込むことが不安だったのです。

スキー靴をはいて、少し歩くと感覚が戻ってきました。
1時間ほど緩斜面を滑っていると、だんだん滑る感覚を
取り戻してきました。

昼からは同行の友人とあちこちのゲレンデを滑りました。
ノープロブレムで快適な滑降でした。


ところが、ゲレンデの中でも一番の急坂コースを滑降中
転倒、スキーは外れて、体だけがどんどんスピードを上げて滑落していきます。
やっとの思いで、滑り落ちるのを止めると
外れたスキーは20メートルほど上で止まっています。
スキーの板のところまで、登攀しようとするのですが
ゲレンデは急で、ベースがアイスバーンの上に柔らかい雪がかぶっている状態で
つま先で硬い雪を蹴って足場を作りながら登って行くのですが
足場の確保が難しく、また滑落します。
滑り出すとまた、どんどんスピードが出て
なかなか止まれません。

体力の衰えで、なかなかスキーの板までたどり着けず
これって、結構やばい状況だと思いました。

それでも何とかスキーの板にたどり着いて
スキーの板と一緒に滑り落ちて、その場を脱出しました。

その後は、普段から鍛えていない体力の限界で
滑るのを止めましたが
久しぶりにスキーを滑ってみて
まだまだ十分にスキーは楽しめることがわかりました。
そのためには、体力づくり、トレーニングが必要です。

雪の山は本当に素晴らしくきれいで、空気がうまい。
ハイスピードで滑降するのも気持ちがいいし
林間や雪景色の中を散策するのも気持ちのいいものです。

年を重ねると
遠くまで出かけて、寒いところで、運動をするのも
ついつい面倒になりますが
やはり、山の美しさやスキーの爽快感は捨てがたいものがあります。
また、滑ることだけでなく
温泉や食べ物、その土地や前後にあちこち興味深いところへ
寄ってみるとなお一層、楽しみが広がります。
若い時に比べると
楽しみ方に熟練していることも確かです。

これからも、スキー+αの
よくばりスキーを楽しみたいと思います。

by nukina1950 | 2010-03-27 10:28 | お出かけ結果

<< デジカメ雑感 今年もいろいろありました。 >>